中学生・高校生になると、部活動が本格化して、毎日のように朝晩練習をしているというお子さんは増えてきます。

部活を頑張るのはいいのですが、保護者の方が心配されるのは「部活と勉強との両立」ではないでしょうか。「両立できますか?」の質問に対しては「できます」です。

ただし、無条件に全員ができる、ということではありません。

部活と勉強が両立できるかどうかは部活動をする上で以下の条件が成立しているかどうかが、カギとなります。

 

1. 部活動の練習・スケジュールが子ども本人にとって無理がないこと

部活で朝晩練習があり、帰宅するころにはくたくた。食事もそこそこに疲れ切って寝てしまう。という状態ではありませんか?これはオーバーワークです。

もちろん、みっちり部活がある生活が始まったばかりの中学1年生なら最初のうちはそういうこともあるかもしれませんが、体力がつき、ある程度慣れてくればこのようなことはなくなってくるはずです。

一定期間(3カ月程度)様子を見て、それでも明らかに本人にとって(肉体的にも精神的にも)大きな負担となってい場合は、勉強をする時間を捻出をするのは難しいので部活動をやめることを検討してください。

 

2. テスト前やテスト期間中には部活動が休みになること

通常部活はテストの1週間ほど前から休止するものですが、たまに、コンクールなどがある吹奏楽部などで、テストがあろうが部活動があるというケースもあります。

この場合は、生徒さん本人が学習面で影響を受けないのであれば部活をやってもいいと思います。ただし、それで大きく点を落とすなどの場合には、中2、中3にあがる前に見切りをつけるべきです。